とてもうるさい

文章を書く練習だけども公開メモ置き場かも

アナ雪の次に見るおすすめディズニー(※独断と偏見)

「アナ雪よかったけど次は何を見ればいいの?」な人向け独断と偏見による個人的なおすすめディズニー作品。


※本当に独断と偏見。めっちゃ偏ってるよ。
ツイッターでの垂れ流しをまとめた程度の内容。
※ディズニーは見てる方だしディズニーで育った自負もあるけど色々怪しいとこもあるかも。
※これと似たような文章を別のとこにもあげてる。両方書いた人があげたやつだから安心して。ただ深く詮索はしないで。
※とにかくアナ雪を機に他のディズニーも見て。ついでにモアナと美女と野獣も見よう。


「アナ雪面白かった。続きはないの?」
「ここで王道ベタなプリンセスものも再確認しておきたい」
「ブルーのドレスがよかった」

→シンデレラ(実写リメイク版)

ディズニーが最近力をいれてる実写リメイクシリーズのひとつ。もうすぐ美女と野獣も公開だね。楽しみだね。
大体元(ディズニーアニメ版)の通りですが価値観なんかはちょいちょい調整いれて細かい辻褄あわせもしてあるので現代的な作品として見れるかと。
とにかく衣装が可愛い。カラフルなドレス、コルセット、クリノリン、バタバタ着替える女の子、「愛する人を喪った哀しみを上品に着こなした貴婦人」、魔法をかけてもらうシーン、どれをとっても完璧、最高、素敵、すごい。
そのドレスを生かすためとしか思えないダンスシーンがやばい。あんなに激しく踊る嫁選び会があるかよ。後に続きにくいよ。
アクションものではないけどちょいちょい何故だか迫力満点。全体的に美しい映像の暴力。画面からほとばしる説得力がすごい。
同時上映がアナ雪続編短編「エルサのサプライズ」だったのでBlu-rayDVDには特典扱いで収録されているはず(大体いつも同時上映いれるからまず入ってると思うけど手元にないのでちょっと怪しい。確認してね)
サプライズは短編アニメーション集でも入ってるよ。
サプライズのアナとエルサはめちゃくちゃ可愛いからアナ雪気に入ったなら是非見てくれよな。新曲もある。私は見た時にそのあまりの「幸福で完璧で完全な二次創作のような公式」っぷりに泣きました。


「アナとハンスの歌うシーン(「とびらあけて」)が好き」
「というかアナとハンスの組み合わせが好き」
「アナ雪みたいにギャグセンスがぶっとんでるのが見たい」

魔法にかけられて(実写・アニメ)

「お伽話の国のお姫様が悪い魔女に魔法をかけられて現代のNYにトリップ」とかいう設定からしてぶっ飛んでるディズニーのセルフパロディ(渾身の自虐ネタたっぷり)作品。
はてしない物語」の逆ver.っていう方が分かりやすい人もいるかな? アニメーション世界の映画の住人が、世にも恐ろしい世界「現実」にやってくる。
冒頭のスピーディー様式美だけでも一見の価値はあると思う。本当に早い。すぐ婚約する。でも描写はすごく丁寧。今まで数々の男女を運命の恋に落としただけあって流石に慣れていやがる。
メアリーポピンズとか三人の騎士とかとは違ってトリップしてからは完全に実写になるし、リアリティーレベルも変わる。
たとえば、感情が高まったプリンセスがミュージカル映画だからと歌おうとすると「なんで今ここで歌うの!?」と突っ込まれます! すごい! 歌おうとしたプリンセスが止められるのはディズニーでも「魔法にかけられて」だけ!(3/10追記: いっこ増えた)
とにかくもう「オリジナル逆トリップ夢小説」としての完成度が半端じゃないし、魔女・喋る動物・愚かな召し使い・王子様・お姫様なんかの「お伽話的なお伽話のキャラクター造形」も極めるとこまで極まったって感じで最高(このあとは王道じゃなくてちょっとひねったのが続くからね)プリンセスが仕草から感情の機微に至るまで完璧にプリンセスでめちゃくちゃ可愛い。悪役もまさに「悪役」でかっこいい。
アナとハンスのクライマックスで「何か」を期待した人にもおすすめ。



「結局、真実の愛が何なのかよくわからなかった」

シュガー・ラッシュ塔の上のラプンツェル

アナ雪のテーマはこのあたりと近いんじゃないかな~と。どちらもアナ雪直前のCGアニメーション作品。ちなみに「魔法にかけられて」のアニメ部分は手描き。ディズニー最後の手描きアニメーションは「プリンセスと魔法のキス」(追記: くまのプーさんの新作あったの忘れてた)なんですが、これはあんまり見てなくて記憶がちょっと怪しいから今回はおすすめからは外す。面白かったのとヒロインが現実主義だったのと悪役が可愛かったのは覚えてる。
シュガー・ラッシュは「主役」に憧れた「悪役」の話。男女バディものだよ! ロマンスもあるぞ! 展開は引くほど計算され尽くしてていっそ怖いぞ! 伏線! 回収! 伏線! 回収! 大団円! 見るだけで虫歯になりそうなお菓子背景がむちゃくちゃ可愛い。ゲームの世界が舞台で他版権がめちゃくちゃたくさん出てくるからゲーム好きにもおすすめ。小ネタ的なギャグの切れ味もすごくいい。
ラプンツェルはなんかもう私ごときが今更説明することないんじゃないかな。今回あげてるやつの中じゃかなりメジャーな方では? テレビ放送の頻度と公開時期を鑑みても。近々金曜ロードショーの方でまた放送があるよ。見よう。見る方が早い。ところで金ローはほんとラプンツェル好きだな。


「正直愛とか恋とかお腹いっぱい、アナ雪で一生分補充した」

→ベイマックス、ズートピア

アナ雪の後の! CGアニメーション作品。どちらもアナ雪でも描ききれなかったところ、踏み込めなかったところを徹底的に攻めてるし、破綻が少ない。お話が上手。
(まさかのアナ雪よりも地上波放送が早かった)ベイマックスはあのメインビジュアルの可愛い白モフロボットに赤いアーマーつけてヒーローにして悪役をぶったおします。あんまり宣伝されてなかったけどアメコミ原作なんだよねあれ。科学ヒーローものです。それでもって「ロボットと少年」のお約束は大体きちんとこなしている贅沢作品。舞台は架空の都市だからインチキジャポンっぷりに細かく突っ込みまくるのはやめてあげてね。
ズートピアはウサギとキツネのバディもの、です……可愛いし……動物同士の大きさ比がしっかりしてるし……何より世界がちょっとしんどい………………。文句なしのエンタメ作品で正しくて完璧なんだけど……ターゲットの年齢層はやや高めなのかもしれない……。なんか余計なこと言いそうだからあとは「男女バディのクライムサスペンス」だけにとどめとくね。アニメだけど洋ドラみが強い。モフモフの皮をかぶったやばい社会派作品。決して侮ることなかれ。


「アナ雪で色々引っ掛かるところがあった」

→字幕版吹き替え版両方見るかノベライズを読んでくれ

多分大体は解消される。字幕は吹き替えで拾いきれなかった、残念ながら切り捨てられたニュアンスもいくつかカバーしてるし、小説はアナの心情にもかなりよってて大分話がわかりやすくなる、はず。



付け加えていいものか少し悩んだ追記:

「とにかく百合が見たい、百合を見せろ」

マレフィセント

アナ雪直後の実写作品。視点を変えた「眠れる森の美女」リメイク。設定はかなり変わっているし結末も違う。「誰も知らないけど実はこういう裏話があったんだよ~」系。
話の筋は整っているし分かりやすいし面白いんだけどあれが大分あれしてる(ネタバレかもしれない)価値観二つが正面から殴りあって片方ちょっと負けててフォローも少なめ。ハンスをギャグとして笑えるなら大丈夫。
アンジェリーナ・ジョリーマレフィセントがあまりに美しいしかっこいいし強い。めっちゃ強い。流石ディズニーヴィランズ最強の一角。羽とかドラゴンとか好きなら見た方がいい。
そして百合としてすんごく丁寧。何も言うまい。


「もしかしてアナ雪の男ver.みたいなやつもあったりする……?」

→トレジャー・プラネット

あと私の記憶があやふやでもいいなら「ブラザー・ベア」とか「ラマになった王様」とか(「きつねと猟犬」もかな?)そのへんが確か「男同士の親愛」に比重置いてる。所謂ブロマンス的なのはわりと昔からあるし結構多い。ピクサートイ・ストーリーみたいなバディもの多いし。探そう。見よう。(意外にもアナ雪でダブルヒロインが初だったみたいにヒロインの女の絆系のが珍しい気がするけど「魔法のキス」はその要素あったような?)
「トレジャー・プラネット」は「宝島」原作のアドベンチャー作品。海洋冒険ものだと流石に古すぎるということで「宇宙」を「帆船型の宇宙船」で旅します。繰り返します「帆船型の宇宙船」! この時点でロマンしかねぇな!
SFなのにどこか古くさいCGと手描きの混ざったビジュアルがとにかくかっこいい。キャラクターも宇宙人だから色んな生き物を掛け合わせたみたいな異形ばっかり! 可愛くてかっこいいぞ! きっと誰かしらはツボに刺さるぞ!
少年が旅の果てに成長するド王道。ものは違うけどクライマックスの天秤にかける展開はちょっとアナ雪を彷彿とさせる。後味も悪くない気持ちのいいエンタメ。


も少し追記:

2000年代のディズニー作品って正直パッとしない(ヒットしたのはバカみたいにヒットして落差が激しいしピクサーがすごかった)けどとにかく色々冒険してるからそれで「今思うと一周回って面白い」的に加えちゃってるのがあるかもしれないのは認める。
でもディズニーってどれも大概安定して面白いからアナ雪面白かったなら他も是非見て。
アナ雪もだけど最近は過去作のセルフパロディが多いから見とくときっと楽しい。


もうすぐモアナが公開! 楽しみですね!!!!