とてもうるさい

文章を書く練習だけども公開メモ置き場かも

「夢女子になっちゃう!」と心の中で思ったならその時既に行動は終わっていようぜ

うっかり忘れかけるぐらい放置しちゃったし、未だにこのブログの使い方が定まらないんだけど、とりあえずこのへんのことは一度書いておいた(変わったらまたあとから新しく書くなり)方がいいんじゃ、と思ったので書いてみる。



いや「なっちゃう!」とか言ってる暇あるならむしろ「なろう」よ。言うだけなら帰ってくれ遊びじゃないんだぜ。みたいな話。


私は、二次創作の「夢小説・夢絵」(以下その他の「夢なんとか」もまとめて「夢」)が、CPとかモブとかオールキャラとかソロとか……とにかく「他のありとあらゆる二次創作」と同じぐらい、多くの人に気軽に書(描)かれる、「表現の手法として常に選択肢のひとつに入っている」、そういう、「みんな」にとって気安い存在になってくれたらいいなぁ、と、わりと真剣に思っている。

2015年ぐらいから、オープンなインターネット、ピクシブツイッターの鍵のついてないアカウント、それも特にプロフィールに「夢」の文字がないものの発言なんかで、よく「夢」が話題に上げられているのを見るようになってきたけれど、正直、まだ、「面白がられているだけなんじゃ」という不安が拭えない。


これまで、「夢」はその界隈外で言及される機会自体がすくなかった。「夢小説」は「名前変換」という特性上どうしても個人サイト(名前変換のある場所)から離れられなかったからだ。

(あるいは近い機能のあるサイトにいくってのもあるにはあったけど、サイトごとに大分雰囲気は違うし、ここでは主に私が見ていた個人サイト中心の「夢」に話を限らせてもらう)

個人サイトに残ったためか、古より伝わる同人女暗黙のルールである「検索避け」もどうやら他よりしっかり残ったようで、ツイッターに進出しているとしても、アカウントに鍵をかけている「夢」の民は多い。だから、主な活動の場をSNSに移したオタクたちから、「夢」の民は長らく認識されていなかったように思う。(元は同じところにいたとしても)


それが、とあるジャンルの流行から一変、そのジャンルにまつわる「夢のようなそうでないような、人によっては夢とするけど、人によっては夢としない」創作が流行り、「夢」という概念や言葉もよく人々の口に上るようになった。これが2015年のこと。

この時、久々に表舞台(検索避けのないところ)に大っぴらに出てきた「夢」にかけられた言葉が、どうしても忘れられない。

(キッカケとはいえあまりにもあまりな出来事だから詳しく書きたくないんだけど「2015年の(女性向け)大ジャンル」だけで察しついた人は多分それであってる)

ここからまた別の流行やジャンルを経て、「夢」界隈の中でもどうやら、もう少し大っぴらに、楽しく、「夢」をやってもいいのでは的な風潮が広がっていくようで、オールジャンル「夢」ジャンルの物理本のプチオンリーが開かれたりなんやりもして、多分今、「夢」はSNSに創作の場が移ってから一番盛り上がってる。


そうして、この流れ(「夢」が大っぴらになった)と関連してか、「夢女子になっちゃう」(あるいは「夢女子じゃないけど云々(夢的なツイート)」)という言い回しをここ最近(半年ぐらいかもっと前? とにかく17年入ってからの気がする)よく見るようになった、と思う。

一見、というか2015年に情け容赦なくかけられた言葉に比べればかなりマシ、どころか素敵にさえ思える、のだけど。ひとつツッコミをいれるとするなら、


いや……じゃあ、なればいいじゃん?


むしろなれない理由がなくない?

「なっちゃう(もうなってる)」っていう即オチ二コマ的なネタなのかもしれないんだけど(だったら空気が読めなくてごめん)、これを言う人は大体プロフィールに「夢」の文字はない。(人のホーム見るのが趣味でごめん)


そこまで言うなら、

なろうよ、夢女子。

なれるよ、夢女子。


私自身の話をするなら、私は気がついた時には夢女子だったし夢小説を読んでいたし書いていた。やめようと思って実際やめた(ブックマークを全部消して自分のサイトも畳んだ)こともあるけど、大体一週間で帰ってきてしまった。

「夢女子になる前」に「なっちゃう」とわざわざ宣言する余裕はどこから発生しているんだ。

っていう不思議さと、「2015年のトラウマ」とあって、歓迎すべき言葉だろうに、どうしても、素直に受け取れない。

ふざけて、ネタとして、言ってるだけで、実際に夢小説や夢絵を書いたり読んだり萌えたりするつもりは毛頭ないのでは? とも、ちらっと考えてしまう。

(これで本当に「まあ面白がってるだけだよ」とかえされてしまうのはとても寂しい)
(というかだとしたら他人の「大好き」を堂々と開き直って物笑いの種にするなよお行儀が悪いな)

どうにかして、私はこの「面白がられているだけかもしれない(誰も真面目に夢をやろうとはしていないのかもしれない)」という「不安」を拭ってしまって、「夢」という言葉をみんなが衒いなく発する世界を無邪気に楽しんで愛したいと思う。


夢女子。わざわざ構えるほど難しいものではないと思うし、よくわからないなら目の前の四角い箱で検索してもらえれば「参考資料」はいくらでも出てくる(検索避け文化だからこそ検索引っかかるとこに何か残しとこうという人はまあまあいる)よ。


だからどうか気軽に、こちらに来て一緒に遊んでおくれ。


怖くないよ。


多分。

【情報ゆるく募集】「影夢主」という言葉を知っていますか?【啓蒙サイトがあったはず】

何年か前、確かケータイサイト(ナノではない、フォレストかエムぺだった気がする)で「影夢主」「影ヒロイン」という言葉を広めている同盟サイトというか……提言サイトというか……そういうものがあったと思うんですが、覚えのある方いませんかね?

 

検索で出てくる、リンクが生きている範囲で調べてみたところ、「影夢主=自己投影前提ではないオリキャラ夢主」という主張で使っている同盟サイトは出てきたんですが、

そうではなくて、

夢主(夢小説の主人公)を「本編主人公(というほど主張が激しいわけではない、みたいなニュアンスだった気がする)ではないが、影の主人公的な存在」としてはどうか(オリキャラ夢主に限らなかった気がする……)

と、提案のようなものをしているサイトがあったと思うんですが……

 

ツイッターの鍵かけアカウント内でフォロワーさんに聞いてみたところ

  • 知らない(フォロワーのほとんど)
  • 「影夢主=影の主人公」知ってる
  • オリキャラ過激派主張としてなら知ってる

という感じでして。証言が少ない。はっきりしない。聞く私が鍵だしどうも局地的に使われていた言葉っぽいので仕方ないんですけど。

 

「そういうサイトがあったからどうだ」と何かに使いたいわけでもないし、緊急でもどうしてもお願いというわけでもないんですが、「あった気がするんだけどな~」「はじめから過激派じゃなかったと思うんだけどな~」と気になってしまったからもう気になるし、「確かにあったよ!」という一言だけでもいいので、よかったら、何か知っていれば教えてくださいな。

  

追記:

「知らない」という人が多くてもしや集団幻覚だったか?という気もしちゃうので「あったよ!」という一言でも……よかったら……。

 

追記2:

そんなサイト書いた人の気のせいでなかった場合なかった証明できないね……。永遠にぼんやり募集し続けることになるね……。

 

追記3:

覚えている限りの「影夢主啓蒙サイト」の特徴(気のせい混じってて違うとこもあるかも)

  • 主張対象を「オリキャラ夢主」に限ってなかった気がする(オリキャラ主張するためのサイトじゃなかった気がする)
  • わりあい画像とかあるサイトデザインだった気がする
  • 同じ管理人さんが似たような啓蒙サイトを他にいくつかやっていた気がする
  • 「影夢主」(「影ヒロイン」「影主人公」)という言葉の解説が主な目的のサイトだった気がする
  • 「原作に書かれてはいないけど裏で実はこういうことがあってその時活躍していたのがこの夢主なんです」みたいな感じだった……気がする……

ちなみに探している人がその「影夢主同盟(同盟だったかも記憶が怪しい)」を知った時に主に見ていたジャンルはWJ系だったと思うんですがなんかどんどん自信なくなってきた……。

好きな夢小説の話をしてくれ

せっかくブログ作ったのに怪文書ポエムひとつ投稿して放置もどうかなと思ったから新しい怪文書ポエムを息抜きの息抜きぐらいのつもりでちんたら書いていたけどあまりにもぐだぐだしてしまってまとまらなくなってきたから先に結論だけ記事分けてぶん投げる。というわけでこの下から本文です。


夢小説の話をするなら、好きな夢小説の話をして。

適当なことを言ったり、冷やかすだけ冷やかして一頻り笑ったら忘れてしまってなかったことにするみたいなのは、いい加減やめて。


たとえば、


ここ最近、2015年前後ぐらい? から「夢小説が復活した」みたいな台詞を時たま見かけるようになった。

古代文明が浮上した」とか「昔の流行が一巡した」とか。そういう。

なんか、なんか…………

勝手に夢小説滅ぼしてんじゃねーーーーよ!!!!

夢小説は! 滅んでないです! まだ! 断絶した超古代文明じゃなくて! 今日まで連綿と続く文化としてやってるよ! 一応ね!

「復活した」わけじゃなくて「ずーっと隠れてやっていたのがジャンルの流行に伴いやっとあなたの目に届くところまで出てきた」というだけです。


あとは、私以外にも色んな人が色んなとこで度々言及するあのタグ。「細かすぎて伝わらない夢小説物真似選手権」

一体いつのどこの夢小説の物真似をしてるんだよ……。

このタグ、現役の夢小説愛好家が「こんなこともあったねウフフ」と遊んでいることもあるけど、「夢小説」の文字がプロフィールのどこにもない人が妙に自信満々な訳知り顔で遊んでいることも多いし、そもそも「夢小説がまだ全然書かれていない」ようなジャンルや「夢小説が数えるほどしかない」ジャンルをお題にして、このタグで遊ぶ人もいる。

「ありそうな夢小説」「昔あった夢小説」とかいう「架空の存在」をおもちゃにして遊んでいるつもりなのかもしれないけれど、そういう夢小説だって実在はする(した)し、無邪気な悪ふざけはそういう夢小説が好きな人のところにも届いている。「昔の恥ずかしかった自分」への自虐のつもりでも、主語を自分以外にしてしまったらただの悪口で攻撃だ。

「やーいお前のCP創作やまなしおちなし意味なし~!」とか外野から大っぴらに言われたいか? 分かってるよ! でも楽しいんだよ! それを楽しむものなんだよ! ってならない? 夢小説物真似タグがやっているのはつまりそういうこと、っていう自覚を持ってほしい。まあこの例も私があとから「私は好きですよ」ってフォローしてくれる前提で読めば大して気にならないんだろうけど。


「夢小説」の話をツイッターなんかで見かけるようになったのはとても嬉しい。CPやオールキャラの二次創作に混ざって素敵な夢漫画もTLに流れてくるようになった(前は夢漫画ってフォロワーのか個人サイトのしか見たことなかったぜ……)し、「夢」へのハードル自体はじわじわ下がっていて、「夢」という創作手法や概念は今までより色んな人の目によく見えるようになったのだと思う。あるいは、「昔はやっていた」人や、「隠れていた」人が、見えるところではじめてくれたのか。

でも、上にだらだら書いたように「物笑いのタネとして」夢小説の話がされるのは許せないし、そうでなくても「夢小説の話」がされる時に「恥ずかしいことだけど」みたいな意識をうっすらとでも感じると、なんだか勝手に切なくなってしまうし、凹んでしまう。

一度好きになったものを、いいなと思ったものを、そこまで頑張って貶める必要ってありますか。恥ずかしがらなきゃ、申し訳なく思わなきゃいけないんですか。

だから好きな夢小説の話をしようよ。して。してください。

過去形でもいいから、こういう夢小説が好き、面白い、そういう話をしてくれ。私は楽しい話が聞きたいんだ。

現在形で好きなサイトや書いてくれる人には(嫌がられていない場合は)閉鎖やアカウント削除をされないうちに感想を送ろうね。

以上です。

一生そうして清く正しいものだけ愛していろよ

去年、あるアニメにめちゃくちゃはまった。
はじめは作画がすごいらしいとの評判につられて一話を見て、二話でキャラの可愛さにやられ、四話五話を見る頃にはすっかりのめりこんでしまって、軽い冷やかし気分じゃいられなくなっていた。
1クールのアニメにはまること自体久しぶりで、毎週毎週予想のつかない展開にはらはらどきどきさせられて、すごく疲れたし、すごく楽しかった。作画は中々安定していて、演出や、キャラクター同士の関係性の描き方も含めたお話の作りがとにかく丁寧で、最終回を迎える頃には、いいものを見せてもらった、いい体験をさせてもらったという気持ちでいっぱいで、本当に幸せだった。
この作品にタイミングよく出会えて幸運だなと思ったし、大事にしていきたいと思った。

そんな時、ある記事を見つけた。
私が大いにはまってしまったそのアニメについて「どうしても納得できないことがあって、それがこの記事のおかげですっきりした」というツイートに、URLがはられていた。嫌な予感しかしなかったが、「まずは確認」の精神でそのURLをタップしてみた。すると、「いかにそのアニメが嫌いか」ということが、とんでもなくアツく真面目に、丁寧に箇条書きで要点をあげつらってまで延々と展開されていた。そのアニメのファンであるはずの私も、うっかり共感を覚えてしまうぐらい、熱心に。
けれどあくまで、その記事は「個人の感想」として書かれたものだった。「私は不愉快でーす」以上の主張のようなものは感じられなかったし、アニメひとつに大変苦しい思いをしてしまう人もいるのだなぁ、で、終わる話のはずだった。

その記事を共有する他のツイートに
「○○(アニメのタイトル)が好きな人は読んでください」
と書かれていた。

は?

なんで?

なぜそのアニメを嫌っている人が心血注いで書いたとんでもなくパンチの強い文章を読むとかいう好きな人にとっては重労働間違いなしなことをわざわざ頼まれてしなくてはならない?

一体どういう意図でもってされたツイートだったのかと、すこし調べてみてわかったことがあった。
どうやら「元はそのアニメが好きだった」人が「まだまだそのアニメが好きな人」に向けて、その記事を広めようとしているらしかった。書いた本人でもなさそうなのに。

去年よりもう少し昔、全く別の作品で似たようなことがあったのを思い出した。
作品内で画像の盗用が発覚。公式が声明を出すまで、出したあとも、騒ぎ立てる人が多く、公式を悪く言う人や、ファンを悪く言う人がたくさんいた。ちょっと行き過ぎていて、「悪く言う」ではすみそうにないほどのことも、一部ではあった。
そしてその時も「○○が好きな人は読んでください」と添えられた文章が出回った。
一応、確認のつもりでひとつかふたつは読んだはずだけれど、中身がどんな風だったかはあまり思い出したくない。
その作品も好きだった私は、そのことで当時は本当に疲弊してしまった。今でも考えるだけでうんざりする。
盗用があったとされる画像は差し替えられ、その作品は今も続いているし、変わらず人気だ。けれど、その「盗用騒ぎがあったから」作品が好きな人と絶対に関わりたくないと声高に主張する人もいるし、好きな人に対して攻撃をする人も、未だにいるらしい。

記事を書いた人によれば、あのアニメにも「問題」があるのだという。絶対に見過ごしてはいけない問題が。でも、あの記事は「個人の感想」として書かれたものだったし、私にはまだそれが本当に「問題」といえるのか判断がつかない。ずっと考え続けているし、そろそろ考えるのに疲れてきた。それでこんな小説なのか日記なのか分からないような文章をつらつら書いている。そろそろ本題に入るよ。頭に持ってこれなくてごめんね。書き方と文体、タイトルの付け方から間違えた気もする。もういいや。

もし、あのアニメに問題があったとしたら。

問題があることが分かったら、その瞬間から、私は何をしなくてはいけない?

「好きな人として」何をするよう、あの記事を広める人達に期待されている?

あの記事を書いた人や、それを広める人が何を思って、何をしようとしているのか、その本当のところは、私にはさっぱり分からない。

あなたはあなたで、わたしはわたしだ。

全く同じものを、同じように見て、受け取って、同じように感想を抱いて、考えて、行動することは、できない。

多分、私は、もうどうしようもない。
自分の気持ちを操作はできない。あのアニメにすっかりはまって正常な判断ができなくなっているので、これからは「問題がある!」という主張には全力で目と耳を塞いでいくことに決めた。むしろどうか「どうしようもない奴だな」と憐れんで諦めてくれ。

だからもう、何を期待されても困る。絶対に分かりあえない。さようなら。